登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
山登りデビューのお話 :: 2013/10/05(Sat)

小さい時に家族と登った山は
確か鳥取県の毛無山で
そこはトータルで2,3回は登ったのですが
記憶にあるのは帰り道で見たでっかい蛙のことだけ

それ以外の事は、景色のことも、しんどさも何にも覚えてないのです。

なので、最初の山と思って浮かべるのは
高御位山(たかみくらやま)

兵庫県加古川市と高砂市の市境に位置する山。
標高304.2m。

装備を何ももっていなくて
普通のリュックとNBのスニーカーで登った。
2008年の3月暖かくて
春みたいな日の事でした。

田舎の山の中で育った私は
山登りなんて絶対向いてるし余裕余裕~♪
とノリノリで登って楽しかった。

下りで調子に乗って足首をひねってしまい
そこからはびっこを引きながら歩いた。
この山登りでスニーカーに擦り傷がつきまくって
かなりショックを受けたのも覚えている。
山男さんに登山靴の重要さをそこで教わったのでした。

それから始まった山登り。

ゆっくりとたまにしか行けないけど
ずっと続けていきたいなぁ~。


P1000933.jpg



スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 高御位
  2. | comment:0
屋久島:主に食べ物編! :: 2013/09/21(Sat)

屋久島で食べたおいしいご飯たちを纏めます。

山から降りてバスで向かったのは安房で
バス停を降りてすぐのところにあるこのお店
お名前は「かもがわ」でございます。

IMG_7488y.jpg

屋久島空港近くの案内所でもらったグルメ情報に載っていたお店で
気になり、立ち寄ったのですが、
久しぶりに食べたきちんとした食事、というのを抜きにしても
とてもおいしく、大当たりな選択なのでした。

食堂と隣の店舗でお弁当屋さんとしても営業されています。
今回の旅中お弁当でも、2回お世話になりました。

ここの食堂でトビウオをいただきました。
私の注文はお刺身定食、山男さんの注文はトビウオの唐揚定食です。

お刺身定食にはトビウオや、首おれサバ、とこぶし、さつま揚げなど
屋久島の名物てんこ盛りです。
トビウオは塩焼きにしてもらいました。



トビウオの唐揚定食は飛んでいるかのようなトビウオの姿。
出汁の効いたお味噌汁は本当に沁みます。ホッとします。





初めて食べるカメの手という貝
(調べたら甲殻類でエビの仲間らしいです)
見た目がカメの手に似ていて
少しグロテクスですが、貝+エビのような味で美味しいです。
食べ方はお店の方が丁寧に教えてくださいました。



後日購入したお弁当はこんな感じです。
とってもおいしかったー。





お宿の近くにあった「ヒロベーカリー」
程よくチョコレートがかかったラスクがおいしくクセになる食感でした。



「鮨居酒屋 やしま」ではタラフク飲んで食べた。
地魚のお刺身盛り合わせ
大将が首折れサバあるよと。
名物をこちらでも味わえたのでした。
食べかけの写真ですが・・
艶々のお魚たちです。



こうゆう時 隣のお客さんに話しかける山男さんはすごいなと思います。
話し出してみると面白いのに、私はそうゆうの緊張してしまって丸っきり出来ないのです。

屋久島一周のドライブ中に食べた散らし寿司
本当に活きの良い魚のお刺身
お店の名前は忘れてしまいました。



こちらはスーパーで買ったもの
このこってりな高千穂ヨーグルト大好きなので
関西でも置いて欲しいです。。
ヨーグルッペも大量買いです。

これは山を降りた日の買い物で、あっさり系・フルーツ系・流動食系を
求めていたようです。

IMG_7522y.jpg

散歩中に見つけた駄菓子屋に寄って色々と小さなお菓子も買い込みました。
山男さんの異様な程のラムネ好きにはビックリ。

キャンプの日、車でふらりと出かけて
食べた中華。ボリューム満点。お店は海のすぐ横「龍鳳」です。




「スマイリー」というカフェで食べたケーキセット
外のテーブルで頂きました。
ふわっふわのケーキは山男さん。



しっとりのチョコレートケーキは私。




ここのお店の方に、屋久島の陶芸家 菊池さんのお宅を聞き
作品を見に行ってきました。
屋久島で陶芸をしながら、自給自足の生活をされている方です。

菊池さんは初めて会う私たちを家に上げてお茶まで出してくださいました。
お茶の葉も、湯呑みも全部菊池さんの手作り。

お願いして作品をいくつか見せてもらい
気に入った中から二つを購入しました。

犬とお皿



いろんなお話を聞けて、帰るときには何だか心がずいぶん軽くなったのでした。
とても素敵な方でした。

今回3つの民宿に泊まったのですが、その内の一軒
晴耕雨読では、その日泊まった初めましての5人で鍋を作り
ビールや三岳と一緒にお腹いっぱい食べました。
話題はメンバーの一人の恋愛相談とゆうか
初デートに向けての作戦をみんなで立てるっていうのが主だったと思います。
男性も女性もそれぞれの心の内が露わになって何だか可笑しかったのでした。

最終日の夜は「潮騒」の 立派な海老フライで締めました。



以上、屋久島旅行中のおいしい食べ物編まとめでした。

コヤツとっても可愛いのです。


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 屋久島色々(宮之浦岳・黒味岳)
  2. | comment:0
屋久島:栗生岳、黒味岳 :: 2013/09/02(Mon)

てくてくと登山は続いています。

宮之浦岳を登った後のお話です。
黒味岳を目指して歩いております。

IMG_7243y.jpg

天気は快晴!歩く道はなだらかで景色が良く散歩の気分です。

大きい岩!
触るとじんわり温かく、卵のようです。

IMG_7246y.jpg


栗生岳【1867m】を通過します。

IMG_7259y.jpg

岩の天然オブジェが多く、歩き飽きない道でした。

岩にもたれかかって休憩。あとどれくらいかな・・・

IMG_7288y.jpg

しばらく行くと遠くに黒味岳が見えました。

IMG_7287y.jpg

拡大すると・・・
岩の上に立つ人が見えるでしょうか?

ちょっと怖そう。。ですが、登るのは難しくないようなのでチャレンジです。
雑誌で写真を見て行きたかった山です♪

IMG_7284y.jpg

道中は水が流れる音が頻繁に聞こえてきます。
水の姿が見えなくても、どこか近くで その音だけ聞こえてくるときもありました。
さすが、潤っている屋久島です。

IMG_7277y.jpg

IMG_7293y.jpg


黒味岳だけに向かう分岐点でザックをデポし、
身軽になって向かいます。

皆さんここでデポされていました。

IMG_7334y.jpg


分岐からは少し傾斜がきつかったり、木々の間をすり抜けていくような登山道。

大きい岩の、黒味岳頂上【1831m】が見えました!

IMG_7326y.jpg

岩の上には、横からぐるーっと回ると行けるようになっています。

怖いーとドキドキしながら
一人ずつ写真

ジャンプ!

IMG_7301y.jpg


IMG_7324y.jpg

頂上で二人の写真も撮っていただきました。

IMG_7310y.jpg

黒味岳を後にし、デポした荷物を持って山を下ります。

今日は淀川小屋で一泊です。
淀川小屋は横に川が流れていておいしいお水飲み放題です。
少し虫が多いテン場でした。

IMG_7367y.jpg

IMG_7386y.jpg


テン場は今日もいっぱいになりました。

山の3泊め。
私にとっては最長記録になります。

お風呂にもずっと入っていないので
体中が気持ち悪いです^^;

早くお風呂に入りたいよー!
3日お風呂をパスしたので、入ったら3回ずつ洗おうかなとか考えます。

下山後にしたいことがたくさん。。
お風呂のことやおいしいご飯のこと、
ちゃんとしたお布団で眠ること、想像するとたまらなくなります!

普段の生活ってとても便利で快適だなぁ。
ヤマノボリを始めてから
一年に何日かはそのことに気づかされるのでした。
山を降りてしまえばなんとなしに生活してしまうのですが。

ここで山の行程 最後の一泊

次の日、この日は下山です。
淀川入り口までは40分

そこからバス停のある紀元杉まで歩きます。
この道中でもヤクシカ
そして。。ついにヤクザルにも会えました!可愛いー!
赤ちゃんザルもいて、お母さんザルの胸にくっついていました。

IMG_7423y.jpg


IMG_7439y.jpg


IMG_7447y.jpg


IMG_7435y.jpg


ついに山の行程を終え、屋久島観光に入ります!
色々観光本でチェックしてきたのです。
楽しみ~♪

つづく

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 屋久島色々(宮之浦岳・黒味岳)
  2. | comment:0
屋久島:九州最高峰 宮之浦岳編 :: 2013/08/28(Wed)

縄文杉を見た後のお話になります。

ここからは宮之浦岳を目指す登山になります!
ですが、今日は手前の新高塚小屋で一泊なのです。

そこまでの途中にある高塚小屋

IMG_7115y.jpg

小屋の向かいにウッドデッキがあり、ここでお昼ご飯にしました。
いつものトムヤムクンラーメン。

ここでお昼にされる方が他にもたくさんいらっしゃいました。
お弁当屋さんで購入したお弁当を持参の方が多く
とってもおいしそうでした。

小屋の周りにはヤクシカたちがいて食べ物を欲しそうにしていました。

IMG_7122y.jpg

IMG_7134y.jpg

高塚小屋から一時間ほど歩くと新高塚小屋に到着です。
 斜めに写っていてすみません(^o^;)

IMG_1356.jpg

中にお邪魔すると こんな感じでした。
ねずみが出るらしいです!

IMG_1357.jpg

ここはテン場もいっぱい、小屋もいっぱいになることがよくあるらしく
心配していたのですが、早めに到着出来たので
まだテントの数は少なく、小屋のすぐ裏
端っこの落ち着けそうな場所にテントを張れました。
1~2人用のアライテントです。
二人で寝るには狭いけど我慢です。

IMG_7139y.jpg

IMG_1389.jpg

テン場の様子。
IMG_1365.jpg


天然の水場もテン場を少し下ったところにあり便利でした。
こうやって豪快に顔を洗う人も。(山男さん)

IMG_7149y.jpg


お昼寝をして、そのあと夕食

明太子スパゲッティと、きのこのペンネにしました。
どっちもレトルトの簡単パスタです。
A-COOPで仕入れた「三岳」もお湯割りでちびちび飲みました(^^)
おいしーー!

IMG_7164y.jpg


次の日は5:30起床
なんとなくダレていたので朝食は無し
6:30にはテントをたたんで出発しました。

今日もいいお天気♪
道中にはこんな大きな岩たちが。
面白い~!

IMG_7179y.jpg

IMG_7197y.jpg

IMG_7212y.jpg

IMG_7181y.jpg

IMG_7203y.jpg

宮之浦岳までもう少し!
こんな緑の中を歩いて行っています。
歩くのもしんどくない道ですし、景色がとっても良いのです♪

IMG_7217y.jpg

8:45宮之浦岳【1936m】着
百名山一つクリアできました(>_<)
ヤッター!

IMG_7238y.jpg

天気も良く周りの景色もキレイ!最高ですね。

IMG_7237y.jpg

ここの頂上で同じ行程でずっと歩いてきた大阪の奥さんに
ドライマンゴーを頂きました♪
とってもおいしかったので
真似して帰ってから同じものを買いました(^u^)
パイナップルバージョンも。

IMG_2264.jpg

では、次は黒味岳という少しハラハラな山を目指します!
ドキドキ・・・

IMG_7246y.jpg

お供。
実は、今回の旅は ずっとコイツと一緒だったのです♪
IMG_7272y.jpg

つづく・・・


テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 屋久島色々(宮之浦岳・黒味岳)
  2. | comment:0
屋久島:屋久杉のドンたち :: 2013/08/27(Tue)

トロッコ道にでてからも線路沿いに立派な屋久杉があったり
楽しみながら歩けたのです。

というのも、若干長いと感じたトロッコ道ですが、
自己流の歩くコツを発見し
クセになりそうな速足で突破できたのでした。
なんちゃって。

IMG_7075y.jpg


IMG_7080y.jpg


トロッコ道を外れ、山道を登るようになり、
この辺りから人が多くなり列になるようになって
しばらく行くと翁杉
推定樹齢は2000年。
残念ながら2010年に幹が折れてしまいました。
倒れた幹の中は腐食により約90%が空洞化していたようです。
「倒れてからしばらくは周囲一帯に杉の香りが漂っていた」と
通りすがりのガイドさんが説明されているのが聞こえました。

IMG_7082y.jpg

そこから少し行くとウィルソン株に到着です。
こちらは推定樹齢3000年。

切り株の中が空洞になってそこへ横の穴から入れるようになっていて
内側のある位置から上を見上げるとハートの形に見えるという
有名な切り株です。

IMG_7085y.jpg

中に入ってハートに見えるかな?という位置でパシャリ
端っこが切れてる・・・

IMG_1322y.jpg

丸い感じのハートもゲットです。

IMG_7091y.jpg

中には祠もありました。

IMG_7089y.jpg

ウィルソン株の前には休憩スペースも。

IMG_7098y.jpg


このあと縄文杉へと続くコースを歩くのですが
結構急な登りが続きました。

階段を黙々と下ばかりを見て登っていたら「大王杉」と看板があり
右側を見上げるとすぐ横にかなり巨大な杉がありました。
縄文杉が発見されるまで、この大王杉が最古の屋久杉だと言われてきました。
推定樹齢は3000年。

真横で何の気もなしにふと見てしまったあの巨大さと
あの立派な見栄えは本当にビックリしました!

同じく山男さんもかなりビックリしていました。

山男さんの場合は、左側にあった大きい杉を「大王杉」だと認識してしまったあと
右側をふと見て発見した、もっと大きい「大王杉」だったため
びっくり度もひとしおだったようです。

写真じゃなかなか大きさが伝わらないですね(;_:)
IMG_7101y.jpg


それから少し行き立派な建造物があり
その先に縄文杉。
こんなところにいきなり、こんな物が!と少しビックリしました。

縄文杉や周囲の環境保護の為、この展望デッキからの見学になります。


推定樹齢は 2000年代~7200年
幅広い!笑
なんか太すぎてもう杉ではないように見えます。

IMG_7109y.jpg


この時、縄文杉の根元に腐食が見つかったとのことで
一番近くの展望デッキまで行けませんでした。
少し遠くからの見学になってしまったので残念。

IMG_1338y.jpg

パワースポットな縄文杉
これからも屋久島を満喫出来るようにパワーをくださいー!


ここから宮之浦岳へ向かう登山と変わります。

目指すは九州一番の標高

屋久島にその山があるなんて知った時には、
とても意外で驚いたのでした。

宮之浦岳登山へつづく。。


テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 屋久島色々(宮之浦岳・黒味岳)
  2. | comment:0
次のページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。