登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
北岳・間ノ岳(2) :: 2010/12/28(Tue)

北岳 肩ノ小屋 テント泊の朝
起きると外はまだ雨

せんべいとバナナを食べ、温かいココアを飲んだら
北岳頂上へ向かいます。
今日の夜もこのテン場に泊まるので テントと重たい荷物は置いて行く。

8:15 レインウエアを着て出発

CIMG3420_convert_20101223232613.jpg

岩場を登って行き、しんどくなると 山男さんが雷鳥のポーズをして 元気づけてくれました。
全然雷鳥っぽくないですが。。。(^_^;)

CIMG3434_convert_20101223232733.jpg

そして8:50 北岳山頂[3193m]到着(*^_^*)
CIMG3443_convert_20101225115334.jpg

すごいガスで 楽しみにしてた東側斜面にある高さ約600メートルの岩壁
バットレスも確認できず残念(;o;)

北岳頂上で日本2位の標高を満喫したら
といっても霧で視界は悪いのですが・・・
続けて間ノ岳へ向かいます。

実は私は間ノ岳のことをずっと「マノタケ」とよんでいました。
北岳山荘のお兄さんに「これからどこ行くの?」と聞かれて
「マノタケです」って言うと
「あぁ。あれはアイノタケって言うんよ」と教えてくれました。
そこまでの間に大きい声で何度も「マノタケ、マノタケ」と言ってたし。
恥ずかしーーい(>o<)

北岳山荘で休憩していると雲がよけて少しだけ富士山が見えた
IMG_4562_convert_20101228212142.jpg

北岳山荘と北岳
IMG_4575_convert_20101228212825.jpg

間ノ岳へ向かっていると雲がどんどん動き、太陽が顔を出すように
やったーーー♥

IMG_4594_convert_20101228213128.jpg

IMG_4626_convert_20101228213426.jpg

北岳から間ノ岳へ向かって歩いているとピークと思ったところがピークじゃなくて
もっとあっちが頂上!?っとショックを受けました。

こっちにいるとこっちの方が高く見えるのに
あっちにいるとあっちの方が高く見えるなぁ

11:30 間ノ岳頂上[3189m]へ到着

富士山もはっきり見えた。結構近くてビックリ
富士山はやっぱり高いし、裾が広がって形きれい!
IMG_4645_convert_20101228213753.jpg

頂上から少し動いて富士山がよく見える場所でお昼ご飯
IMG_4648_convert_20101228220312.jpg


せんべいを食べます。
なぜか今回、すごくせんべいがおいしくて
ご飯代わりにせんべいを食べていました。

食べ終わると、また北岳を登って 肩ノ小屋まで戻ります。
IMG_4704_convert_20101228220948.jpg

北岳山荘で少しだけ休憩
のつもりが、天気もよく
山男さんとベンチに寝転んで 空を見てたら眠くなり10分くらいうたたね
こんな山の上でのんびりしてるなんて何か不思議だし すごく贅沢してるなぁ

この写真の下の方に写っているベンチで寝ました。
IMG_4731_convert_20101228222206.jpg


それからもう一踏ん張りして北岳山頂へ
この天気のいいうちに北岳山頂まで戻りたい気持ちでいっぱい。
でも意外と距離がある+結構傾斜もすごかったりして、体力が奪われ思うようには進めず。

結局北岳頂上にたどり着く前に 雲が多くなり
富士山を見ることはできませんでした(・o・;)
IMG_4794_convert_20101228222708.jpg

でも、地蔵岳のオベリスクが見えました。
ほんとにとんがっている
白いのは雪じゃなくて花崗岩です。 不思議だなぁ。
IMG_4793_convert_20101228223208.jpg

北岳の600mの岸壁 バットレスっぽいところも確認できました。怖い!

肩ノ小屋に戻どるとまた天気が微妙になってしまう
15:30に夕飯の準備を始めます。
せんべいは止めて パスタにしました。
CIMG3513_convert_20101228233528.jpg
≪できあがり≫ もう少し煮込んむんだろうけど待ちきれなくて・・
CIMG3521_convert_20101228233910.jpg


もう少しで夕方
きれいな夕日が見たいけどこの霧じゃ無理かな。。。と思って
私はテントの中へ。のんびりしてたらまたまた眠ってしまった。

ここで寝てしまったことをすごく悔やんでます。
なんとこの寝ている間に 肩ノ小屋付近で夕暮れを待っていた山男さんが
ブロークン現象に遭遇!

※ブロッケン現象とは 
ブロッケン現象(ブロッケンげんしょう、Brocken spectre)は太陽などの光が背後からさしこみ、影の側にある雲粒や霧粒によって光が散乱され、見る人の影の周りに、虹と似た光の輪となって現れる大気光学現象。 光輪 (グローリー、glory(英語))、ブロッケンの妖怪(または怪物)などともいう。 
(Wikiより)

山男さんが撮った写真
IMG_4829_convert_20101228223945.jpg
山男さんの影の回りに丸く虹がかかっています。

反対側はきれいな夕日
IMG_4834_convert_20101228225054.jpg

本当にうらやましい。。(*´ェ`*)…
 一度は合ってみたいブロッケン現象です

悔しい気持ちのまま眠りにつく☆〃
IMG_4862_convert_20101228225532.jpg

次の朝、起きて朝焼けと富士山を見ました。
山で見る朝日は何度見ても感動する(*˘˘*).。.:*IMG_4917_convert_20101228230033.jpg

IMG_4922_convert_20101228230543.jpg

CIMG3533_convert_20101228234132.jpg


8:00にテントを回収し 下山を開始します。
IMG_4986_convert_20101228230929.jpg

下山は 急なコース 白根御池を通る方を選びました♪
IMG_5001_convert_20101228231952.jpg

下るのは得意だからどんなに急な坂でも楽勝って思ってたけど、違ってた。
ほんとに急でしかも長い長い。。。
このコースを登ってきてる人もいてほんとすごいなぁ(・o・)
なかなか看板がないうえに
見つけた看板に書いてある距離と時間は これで合ってる??と疑問を持った。
つま先がすっごく痛くなってしまって ペースが遅かった。
IMG_5025_convert_20101228231628.jpg


11:00 広河原山荘に到着
IMG_5054_convert_20101228232419.jpg

思い出に手ぬぐいとのれんを購入♪
バッチも買おうかと思ったけど 今まで登ってきた山のは持ってないし
欲しいデザインが売り切れてたのでやめた。

広河原から乗合タクシーに乗って駐車場へ

今回の登山結構しんどかったけど
その分ご褒美?に雷鳥にも会えたし、ある人はブロッケン現象にも遭遇できた
自然のビックリはほんとビックリで 他のことを忘れちゃうからいいなぁ。

おしまい 2010/10/9-10/11
IMG_4723_convert_20101228221847.jpg


ポチッとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 北岳・間ノ岳
  2. | comment:4
北岳・間ノ岳(1) :: 2010/12/22(Wed)

2010/10/9~11の3連休を利用して
南アルプス 北岳とその隣りの 間ノ岳(アイノタケ)へ

北岳【標高3,193m】は日本で二番目に高い山
間ノ岳【標高3,189m】は日本で四番目に高い山

山梨県は1位の富士山・2位の北岳・4位の間ノ岳がそろっててすごいなー

金曜の20:30に家を出発して3:00に市営芦安第3駐車場へ到着
朝まで寝て、起きると残念なことに雨空

7:40のバスに乗って
北岳登山口のある広河原まで約一時間の道のりです

直線の狭いトンネルを、すごいスピードで飛ばすバスに驚く(Ö)
対向車とすれ違う広さがないので一端トンネルに入ると飛ばす飛ばす(>o<)
ぼこぼこの道で グラングラン揺れました。

車中なんとバスガイドさんがいらっしゃって、
なんとなんと地声で何か説明してくれてるんだけど
エンジン音でかき消されて何も聞こえず。。。

広河原に到着して9:00頃 雨の登山開始

CIMG3359_convert_20101013204701.jpg

CIMG3360_convert_20101013205504.jpg

登りのコースは大樺沢を二俣まで登り、二俣から右俣コースに入り
肩ノ小屋まで目指します。
CIMG3364_convert_20101013213306.jpg

登るにつれ勾配がきつくなって時々横で休憩するんだけど
そしたらすぐ雨ですごく体が冷えて寒くなる

休憩は短めに取ってゆっくりなペースで ぼちぼちと登りました

紅葉しててきれいな木々がたくさんありました。
秋山は赤や黄色やオレンジがいっぱいで癒されるなー (*´ェ`*)…♥”
CIMG3373_convert_20101013205905.jpg

CIMG3391_convert_20101013210440.jpg

触ると変なにおいがした植物
触るんじゃなかった。
CIMG3394_convert_20101013211342.jpg

二俣のトイレ前
無造作に置いてあるようで、正しい方角を指してる看板
ちょっとおもしろくてパチリ
CIMG3385_convert_20101013210622.jpg
トイレはこんな感じでした。中は不明。
CIMG3384_convert_20101013211020.jpg

それからまだまだ長い距離を登り
CIMG3399_convert_20101013213452.jpg

最後もう傾斜がしんどくて、愚痴がでてきたくらいのタイミングで
なんと初の雷鳥と出会う!!
今まで会いたくてもずーーと会えなかった雷鳥!
ついに会えたーーーしかも3羽
冬に向けて白くなりかけ
ふわふわで顔もすっごく可愛い♥
写真がうまく撮れなくて、かなしい。
CIMG3407_convert_20101013211701.jpg

人がいても全然逃げなくて、私たちの行く登山道を先にトコトコ歩いて
案内してくれてるみたいになった。 うれしー(>_<)
動画を撮ったのでそれを見て何度もその場面を思い出せます。

そこからもう少しがんばって登ると今日の宿泊場、北岳「肩の小屋」へ到着(14:30)
CIMG3410_convert_20101013211909.jpg

ここまでの登山時間 地図通り5時間30分でした。

雨と風がひどく山小屋に泊まろうかかなり悩んだけど
お金ももったいないし予定通りテント泊することに。
小屋で受付をし、小屋の下にあるテン場にテントを張る

風が邪魔をしてテントがバッサバッサなって吹き飛ばされそうになったけど
どうにか頑張ってテントがたちました。
手がかじかんで真っ赤に

テントの中に入って風を避けれるとずいぶんましになったので お昼ご飯にする。
ラーメンとバナナを食べました

食後は地図を見てコースを確認したり、お菓子を食べたりのんびり過ごす
そのうち眠たくなって 寝てしまいました。

18:00頃に目が覚めても 外はまだ雨
風も相変わらず強くて、テントがガサガサいいます。

気温も低く寝る前に見たら6度
寒い夜になりそうです。

寝なくて次の日の登山で しんどい思いはもうしたくないので
21:00頃就寝
お昼寝したからあんまり眠れないかなって思ったけど
意外とぐっすり眠れてホッ。

明日、北岳と間ノ岳を登ります。がんばるぞ!

ポチっとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ


テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 北岳・間ノ岳
  2. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。