登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
水晶岳・鷲羽岳 3 :: 2011/08/02(Tue)

この山旅 3日目 最終日

台風が接近するらしく明日は雨の予報
夜の作戦会議で今日で下山することに決めました
ほんと言えば黒部五郎も登ってしまいたかったんだけど、
またの機会に。残念。

この日、朝4:30に起きるともう外は ほんのり明るい
周りのテントは出発の準備を始めてる
 
私も朝焼けを見たら、出発の準備

朝焼けと槍ヶ岳
IMG_8010.jpg

朝焼けと昨日登った鷲羽岳
CIMG4300.jpg

テントも残りの食料も全部つめるとザックが重たい
今回の旅の反省は食材を持って来過ぎたこと。

今日のスケジュールはザッと
三俣山荘→(2時間)→双六小屋→(2時間)→鏡平→(2時間)→
わさび平→(1時間)→新穂高

ひとつ先の節目をクリアすることを目標に歩く

やっぱり今日は雲が多い
CIMG4303.jpg

双六小屋に到着すると ここで朝食
簡単パスタ たらことジェノベーゼ
CIMG4306.jpg

できあがり☆
CIMG4307.jpg
ささっと食べて、ココアを飲んだら出発

もくもくと歩き 休み 歩き・・・
途中の花見平で再び癒されました。

IMG_8043.jpg

IMG_8044.jpg

道中は鏡平小屋の かき氷を食べることを楽しみにがんばりました。
IMG_8046.jpg

そして、ついに念願のかき氷をGET
レモン味とメロン味+練乳
あぁ、何杯でも食べられそう・・・
CIMG4308.jpg

楽しみにしてたかき氷を食べてしまったので
次は下山後に食べるおいしいご飯を楽しみに歩きました。

山男さんと二人「下山したら何食べたい?」の話
山男さんは『サラダ、アクエリアス、お寿司』
私は『アイスの実、きゅうりの酢の物、みかん』
次々でてくる食べ物に お互い「それいいねー!!」と盛り上がり

それから わさび平まで ほとんど記憶がないくらいに無意識で歩きました。
何も考えないように一歩一歩
途中で雨がポツポツと(Ö)
大降りにはならず すぐに止んでくれた

やっと山道を終えて砂利道に出た時は達成感(*˘˘*).。.:*


わさび平から駐車場まで 砂利道やアスファルトの道で足に痛い

でも木に囲まれて景色はとてもいい感じ
前を歩く男性二人の歩きぶりがすばらしかった。
IMG_8049.jpg

私たちは 最後は無言になりながら 変な歩き方で、
新穂高のバスターミナルに到着

駐車場の車に乗ったら足がホッとしました。

近くの温泉につかって、この旅の疲れと汚れをさっぱり落として
おいしいお寿司を食べて、帰路につきました。
楽しかったなぁ♪

おしまい 2011/07/15-18

最後まで読んで下さりありがとうございます。ポチッとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ

スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 水晶岳・鷲羽岳
  2. | comment:12
水晶岳・鷲羽岳 2 :: 2011/07/30(Sat)

この旅 二日目

足の痛みが次の日も残っていたらどうしようと思っていたけど
朝起きると元気
よかった

今日は百名山を二つ登る

テントをたたみ、小屋の前のベンチで朝ご飯(朝から味噌ラーメン)を食べて
次の中継地点 三俣山荘へ

ボス山に会う前に疲れてしまいたくないので
三俣山荘までは巻き道コースを選択し、比較的アップダウンのない道にする
IMG_7902.jpg

赤い屋根の三俣山荘が見えた(>_<)
IMG_7916.jpg

道中 積雪がまだこんなに残っている
少しずつ溶けて 冷たくておいしい雪解け水になっていた
沢に出くわす度にゴクゴク飲む
IMG_7914.jpg

朝の涼しい時間帯で疲れなく三俣山荘に到着
IMG_7920.jpg

IMG_8007.jpg

近くのテン場でテントを張り 荷物を中へ置く
IMG_7918.jpg

軽装になって、水ようかんを食べたら今日のメインへ出発

まずは山荘のすぐ横から登りが始まる鷲羽岳

登りのコースが頂上近くまで見渡せる
クネクネと訳のわからない遠回りをするコースじゃなく
分かりやすく急で頂上までズドンなコースだから、無駄がなく嬉しい
IMG_7921.jpg

登り道は短いくの字の切り替えで 傾斜がきつく みるみる高くなる

三俣山荘がもうあんなに遠くに
IMG_7929.jpg

天気も良く景色も最高(>_<)
IMG_7932.jpg


黙々と登り続けて1:10で鷲羽岳頂上【2924m】へ到着
IMG_7940.jpg

頂上の景色を堪能したら水晶岳へ向けて出発

ここで山男さんのお腹が痛くなってきたらしく
とてつもなくペースが速くなる

ヒャー置いて行かないでーと 着いていくのに必死で歩く

ワリモ岳という2888mを乗り越え
やっとこさ水晶小屋に到着

水晶小屋で少し休憩
山男さんの腹痛もいつの間にかおさまったようで安心(^^)

では 今回のボス山 水晶岳を登り始めます

水晶岳は岩場が多く こんな感じの登山道
IMG_7945.jpg

IMG_7969.jpg

山男さんが、「このままのペースで行くとテントに戻る時間が遅くなるかもしれない」
と焦りを見せるので、こっちも弱音を吐かずに着いて行こうと決める

黙々と進み 体力ももうあとわずかに・・・

水晶岳の頂上に近づくと、水晶の石ころや岩がたくさんあって
太陽の光を反射して キラキラとすごく輝いていた
思わず持って帰りたくなるけど 持ち帰りは禁止
このキラキラ具合には元気をもらえた
≪水晶の石ころ≫
CIMG4292.jpg

歩るいて歩いて鷲羽岳から約2時間
水晶岳(別名:黒岳)頂上【2986m】へ到着
IMG_7977.jpg

頂上が狭く団体がもうすぐ到着しそうだったので早めに退散することに

キラキラの山と別れ、テントのある三俣山荘へ戻ります

気持ちがいいこのなだらかな稜線
IMG_7982.jpg

でもそんな道がずっと続くわけもなく
再びアップダウンの道に・・・

ワリモ北分岐まで下りそこから鷲羽岳を避け
黒部源流標を通り
IMG_7993.jpg

IMG_7992.jpg

IMG_8002.jpg

IMG_8006.jpg

やっとこさ、三俣山荘まで帰りました


足がもう限界で
テントに入ってバタンと倒れ
そのまましばらくボーっとする

近くのテントから料理の支度をする楽しい会話が聞こえてくる
気になって起きあがり テントの中からそのファミリーをしばらく見る

楽しそうだなぁ
お母さんの荷物からジャガイモやお餅やチーズが出てきて
今夜はカレーにするんだそう
手の込んだカレーを作り、グツグツ煮ながら福神漬けを準備している
日本酒も開けて 今から宴会らしい

こちらもそろそろご飯にしようかなぁと
私も真似してカレーレトルトの
山男さんはグリーンカレー

ヒザがすごく痛くて体も重たいけど
ご飯はおいしいし水もおいしい

近くに沢があり常に水の流れる音がして涼しげ
虫が多いのはちょっと嫌だけど。

夜は早めに寝袋に入ったけど 体が起きていて中々眠れませんでした

最終日に続く・・・
IMG_7987.jpg

ポチッとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 水晶岳・鷲羽岳
  2. | comment:4
水晶岳・鷲羽岳 1 :: 2011/07/22(Fri)

3連休
北アルプス 水晶岳・鷲羽岳に行ってきました。


【7/15(金)】出発→新穂高
【7/16(土)】新穂高→わさび平→鏡平山荘→双六小屋(テント泊)
【7/17(日)】双六小屋→鷲羽岳→水晶岳→三俣小屋(テント泊)
【7/18(月)】三俣小屋→鏡平小屋→わさび平→新穂高


金曜の夜、仕事から帰り 急いで準備をして岐阜へ
夜中の3時頃到着
すでに無料駐車場には車がいっぱいで
少し遠くの有料駐車場へ車を停めました。
少し仮眠して 朝早く起き
わさび平に向けて林道をずっと歩き出します。

岩の間から吹く涼しい風(お助け風っていいます)が
天然クーラーになって本当に助けてくれました。
CIMG4228.jpg

ブナの木に囲まれた砂利やアスファルトの道を歩いて
わさび平に到着
IMG_7784.jpg
冷やしたきゅうりやトマト
IMG_7783.jpg

IMG_7786.jpg

ベンチに座って少しだけ休憩 先はまだまだ長いのですぐ出発
小池新道を通って鏡平を目指します。
IMG_7789.jpg

ここから かなり急な登りでしんどかった

午前中から太陽がよく照って暑くて暑くて 
登り道の高い一歩を出す度に汗がでてきます ( 'o')。。。
 
時々通る雪原地帯の雪を握ったり 顔にあてたりして元気をだしました。
IMG_7791.jpg
途中 雪解け水をガブガブ飲む
普段の生活でこんなに水をいっぱい飲むことってあんまりないなぁ。
「野生児だなぁ」って山男さんは言ってたけど・・・
「冷たすぎてバイキンはいないよ。」と、おじさんが教えてくれました。

それからタオルを濡らして首に巻いて歩くと
すごく涼しく感じることを発見
涼しいとしんどさも半減です。
しばらく濡れタオルにハマって元気に歩けました。

そして やっとたどり着いた鏡平

木が低くなり すっと視界が開けて見えた槍ヶ岳から穂高
こんなに近くで見たことなかったから感動(*˘˘*).。.:*
本当にとんがってる

鏡池に写るはずの槍ヶ岳ですが 
風が吹いて水が揺れて うまく写りませんでした。
IMG_7798.jpg

鏡池から少し行ったところにある鏡平小屋で一休み
IMG_7807.jpg

ザックを下ろしたら 肩がふわっと浮くみたいに軽く感じました。
小屋の前でかき氷を食べている人が多くて食べたくなり買って食べました。
久しぶりに食べたかき氷 すっごくおいしかった♡

イチゴ・メロン+練乳 (一つ500円 練乳は+50円)
CIMG4252.jpg
水が切れそうだったので1リットル100円で購入

あとは双六山荘まで。
IMG_7831.jpg

途中の花見平で 高山植物のお花に癒され
IMG_7862.jpg

双六小屋がやっと見えたときには嬉しすぎた。
それにしてもバックの山々の壮大なこと(・o・)
IMG_7876.jpg

小屋に着いた時にはクタクタに
足はパンパン

この日は双六小屋でテント泊
着いてさっそくテントを立てます。
おなじみのエスパース
IMG_7894.jpg

ここは槍ヶ岳方面へ向かう人の中継地点でもあって
結構混んでいました。
IMG_7884.jpg

小屋の様子
トイレは100円、水は節水を基本に自由に使えます
前にたくさんベンチ+テーブルがあり
おしゃべりしたり、食事をしたりするのにいい場所
IMG_7891.jpg
夕食は親子丼+チーズハンバーグ
山に入るといつも野菜不足になってしまいます。。。
野菜もちゃんと準備して持って行きたいな。
CIMG4264.jpg

CIMG4268.jpg

一日目はここで行程終了

疲れ果てていたので、夜はぐっすり眠れました。
続く・・・ 【2011/07/15-18】
IMG_7900.jpg

ポチッとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
人気ブログランキングへ



テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 水晶岳・鷲羽岳
  2. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。