登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
つばめナイト :: 2012/10/13(Sat)

夜ご飯のあとのお話。。



燕山荘付近を散歩
ツーンと冷えた空気に夕暮が映えて、きれいな雲海も。



見とれていると体まですっかり冷えたので
燕山荘の喫茶ルームへお邪魔します。

いちごとブルーベリーのケーキ(500円)をいただきました。
山の上にこんなに可愛くておいしいケーキがあるなんて、幸せ♪



◇◇ケーキのメニュー◇◇
*いちごとブルーベリーのケーキ
*チョコレートモンブラン
*リンゴとカスタードのケーキ
*レアチーズケーキ
*各種ケーキ+コーヒーor 紅茶or ミルクのセットもあり

その他にも、えだまめ、地酒 大雪渓、ウイスキー、おでん、チーズ、もつ煮など
おいしそうなメニューがたくさんありました。

時刻は18:00
燕山荘の夕食時間と重なり、隣の食事スペースに
配膳されてゆく夜ご飯が見えました。

すっごくおいしそうだったので
ガラス越しに写真をパシャリとしてしまいました。ピンぼけ★彡



みんながおいしそうなハンバーグを食べるのを見てまったり。
冷えた体が温まってボーっとしてきます。
山小屋に泊まるのもいいなぁ。


気合いを入れて、外にでると 真っ暗で超寒い!
テントに避難してカイロを振る。
着たほうが涼しい。のインナーを着てきてしまったので
着替えてから寝袋に入る。
山男さんがモンベルの象足を貸してくれた。
体の末端があったかいというのはすごくいいもんで、
下山したら私も同じのを買おうと決めました。

7時頃に横になり、いつの間にか寝てしまいました。
そのまま朝7時まで熟睡
なんとまさかの12時間睡眠 zZZ
「ヤバいよなぁ~。」と言いながら起きました。
夜は象足とカイロのおかげで全然寒くなかった。

山男さんは夜中テントから抜け出して
星空の写真を撮ったみたい。












では、次は大天井岳を登ります(^u^)

つづく。。。

スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 燕岳
  2. | comment:6
燕岳 登る編 :: 2012/10/11(Thu)

イモトのマッターホルン登頂に刺激を受けて
私も山登りたいーと、気合いが入りました(^v^)

今回、選んだ山は燕岳。
驚異的なスピードで登ってやる!と気合い十分

当然そんなこと口だけで、
傾斜がでると分かりやすく鈍行になる私でした。。

気持ちに体がついて行かず
やっぱり遅いやつは遅いですね。。。
山登りをしてないときに
グングン登れる気がしてしまうのはなぜ(´-`).。oO

紅葉を狙って少しまだ早いのかな?
なんて少し心配しながら
出発したのですが、
紅葉はそれはもう見事に!キレイでした!

♤♡♧♢♤♡♧♢♤♡♧♢♤♡♧♢

中房に着いたのが9時前
三連休が始まる一日前だったのですが
第一駐車場は満車
第二駐車場の奥のギリギリのスペースにどうにか停められました。

そこからアスファルトの道をぐるっと登り、
温泉横の登山口からスタート

登山口のトイレは水道もトイレットペーパーもありです。
登山届けもここで。

登山口からえっちらおっちら、登っていきます。







そうそう、、思い出した。。
山を登るってこれくらいしんどいんだった(**)
速攻で真顔になる私
驚異的なスピードなんてでるはずなく
遅すぎて山男さんにどんどん差をつけられます。

しばらくすると
何段か登って、平らな道。何段か登って平らな道。。
のS字ループ

しんどいような、しんどくないような。
平らな道に意識を集中しがんばりました。

第一ベンチ到着
ベンチの横道を少し下るとおいしい湧き水が飲めるようですが、寄らずに進みます。

第二ベンチ
第三ベンチ と進み。
富士見ベンチ
残念ながら、曇っていて富士山は見られずでした。









時々、荷上げ用ケーブルのブーンとゆう音が聞こえてきます。

やっとこさ合戦小屋到着
ザックを降ろしての休憩タイム





カレーうどん、山菜うどん、饅頭に興味深々ですが、がまん。

合戦小屋まで荷物用ケーブルがひかれていて、到着した荷物を山小屋のお兄さんが下ろしていました。

あの荷台に乗ってきたかった~
なんて思うほど落ちぶれた心ですが、まだまだ先は長いのです。。













そこからは花崗岩が登山道にモコモコ登場し始め、
燕の雰囲気がぷんぷん


途中ですれちがった方に
「今日は頂上から劔も立山もきれいに見えたよー」
と聞きました。
期待大で最後の坂を上り
無事に燕山荘到着

ほんとに近くに見える槍の迫力にビックリ

横を見ると、燕岳
ハイ松と花崗岩のコントラストがキレイ
絵みたいな色
不思議な形に浮き出てる岩

山の美術館とはこのことかぁ★彡




雲に隠れる槍ヶ岳






この日は平日。
テン場も空いていて好きな場所を選べました。
テン場の一番高い燕も槍も見える位置にしました。

テントを張ったらザックを置いて、燕岳頂上へ出発



頂上への道中にも見どころたっぷり
自然にこんな形になるなんて、ビックリ!な岩たち

イルカ岩



メガネ岩






花崗岩をじゃりじゃり登って頂上【2763m】
劔も立山もタイミング悪くガスの中。


丸みのある岩の上、ざらざらで滑らない

テン場まで戻る途中で雷鳥に出会いました。
可愛い可愛い雷鳥♡
顔の高さの岩にいた雷鳥に気づかずに素通りしようとした山男さん。
思わず、「あぁ!!」と大きい声で叫んだ私。あとで怒られました。
いつも私の声にビックリするんだって。
運転中なんかもそうだって。

雷鳥はそんな二人を横目にトットコトットコ岩を移動し、最後はハイ松の中に消えて行きました。
さようなら、大きい声だしてごめんね。。。



テン場に戻り近くを散策
小屋で1リットル200円で水を分けてもらう。

早めに夜ご飯

メニューは、塩麹鍋です。
最近 家でも食べているこの塩麹のお出汁。
おいしいので山にも持ってきました。
便利な鍋野菜セットと冷凍してきた鶏肉を入れて。
パックのワインも飲む。

最後に中華そばを入れて締めました。












つづく。。。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 燕岳
  2. | comment:4
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。