登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
大天井岳~燕岳 下り編 :: 2012/10/21(Sun)

大天井岳から燕山荘までの帰り道、から始まるお話。。

突然、可愛い可愛いあいつ、こと、
雷鳥くんが ヒョコッと現れました。





道の向こうからくる登山者と私たちに囲まれてどっちへ行こうかな。。
足が白くて太い。
この冬もここで越すんだね。すごい!

最後は、いつものように、
ハイ松へササッと消えて行きました。



昨日と今日、2日連続で雷鳥くんに会えるなんて嬉しすぎです。
自然と足取りも軽くなります。

同じくテンションが上がった山男さんをカメラで捕らえました。
が、
レンズにずっと指がかぶっていた 私らしい写真
















燕山荘まで戻るとだらだら
山で過ごす空いた時間は、贅沢だし大好きな時間です。






夕方、雨がぽつりと降りだしたので夕食はテントの中で

麻婆春雨とわかめ粥
麻婆春雨の匂いがテントの中に充満してしまいました。




ご飯の後、またまたおいしいケーキを食べに燕山荘へ

3連休ということもあり、この日は食堂も喫茶ルームも大賑わい

山男さんはリンゴとカスタードのケーキ
私はレアチーズケーキにしました。



この日も小屋の夕食時間と重なりメニューが見えました。
おそらく昨日と同じメニュー
おいしそうなハンバーグ。

ケーキを食べ終えて、外に出ると、すごい風。
気温もぐんと下がり
雨は、みぞれになっていました。

テントは石で固定していたのですが、不安なのでペグに打ち直し。

体が冷える前にシェラフに潜ります。
でも、今日は潜っても潜っても眠たくなりません。。

そのまま何時間たっても眠たくならない
これはきっと昨日12時間寝たせい。

真っ暗な中、雨と風の音がテントの中に響いて怖い。

3時過ぎに山男さんも起きたので、
お湯を沸かしてココアを飲む。
そのあと朝方に少しだけ眠って6時に起床

この朝、山男さんの顔がものすっごく浮腫んでいておかしかった。
ココアを飲んですぐ寝たからかな。


テントを片付けて下山します。

登って来られる方が今日もかなり多く、道を譲り合いながらの下山でした。

駐車場についてびっくり、
車の量がすごいことになっていました。
駐車場にはもう停められず、道路の端に延々と、
かなり下の方まで停められていました。

今日もいい天気になればいいな。


帰りに「びっくりドンキー」で大きなハンバーグを食べました。

燕山荘の夕食を見たときから、
山を降りたら絶対ハンバーグを食べる!
と決めていたので。

おわり。。2012/10/5-7

街にもそろそろと秋がやってきました♧



スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 大天井岳
  2. | comment:6
大天井岳と紅葉 :: 2012/10/16(Tue)

燕山荘テン場での朝、から始まるお話。。

朝ご飯は、ベーグルを軽く焼いて、バターを塗って食べました。
あとは、お湯を沸かしてクノールのタマゴスープ。



テントの中を整理して
今日は大天井岳に行きます。


その道中、紅葉の大パノラマがとてもキレイで
何度も立ち止まって眺めました。
見下ろす紅葉が毛糸のほわほわみたいで
山があったかそう。






北アルプスの主役たちがずらりと並んでいる景色もすばらしい!
山の写真集で見たような風景のほんものがあって
そのインパクトは頭の中の想像を超えました。



これから歩いて行ける稜線







っということで、ずっと眺めていたくなるような景色ばかり。


途中、チョコチョコと動く姿

雷鳥くんかと思って追いかけたけど
何だか動きが速い。

君は誰??



コースは、なだらかに下っていたり、平らだったりのところが多くて、
高度は、急な坂でグンと一気に稼ぐといった印象でした。

よそ見に忙しくて、スローペースでしか進めず、なので、全然しんどくなかった。
(12時間睡眠のおかげもあり)





最後は、小屋までの「一直線斜め道」もありましたが、
へこたれることなく、大天荘へ到着できました。



小屋にお邪魔してスタンプ
手作りの可愛いスタンプがいっぱいありました。

ガトーショコラとフルーツケーキもおいしそうでした。



昼食メニューの豚汁セット(豚汁、ひじきご飯、お漬物)にものすごく惹かれる。

でも、帰りの荷物を軽くするために、持ってきた食材を使わなければ。。
今度の山登りは、食材を少なくして、山小屋のご飯めぐりにしようかな。。♡

大天荘のベンチでトムヤムクンラーメン
山でトムヤムクンラーメン率高いです。



大天荘のテン場からもでっかい槍が見えた
ここに泊まって常念岳まで行くのもありだったな。
大天荘やその周りの雰囲気も落ち着いていてとても良かった。

食べ終わって、大天荘の横を登って行くとすぐ山頂【2922m】







この景色をしばらく独占したあと、来た道を戻ります。。

切通岩のところで、行くときには気づかなかった
小林喜作のレリーフ
道を譲り合っている時に、ふと見上げて発見。
この景色を見ながら歩けるのも、この方のおかげなのです。



この後、可愛い可愛いあいつに またしても会えるのですが、
それはまた別のお話。。
長引いてスミマセン(´-`)。。

つづく。。

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 大天井岳
  2. | comment:2
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。