登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
槍ヶ岳 (2) :: 2013/08/18(Sun)

「朝は起きると決めた時間にきちんと起きてください」
と昨日山男さんに釘を刺されていたので
4:00に寝袋からシャキッと抜け出しました。

朝はカロリーメイト的な軽い食事をとり
結露して濡れているテントをたたみ 
5:00に双六を出発

IMG_8439.jpg


今日は西鎌尾根を歩いて槍ヶ岳へ向かいます。

双六を出ると、いきなりの登りで少しの間きついのだけれど
そこを超えると目の前に見える槍を目指す稜線歩きに。

IMG_8443.jpg

IMG_8444.jpg




向かう景色。
おぉ!壮大。
目指す場所を見ながら歩けるというのは
なんてすばらしいこと。

IMG_8457.jpg

IMG_8485.jpg


後ろには歩いてきた道。
緑と光と影が綺麗。

IMG_8465.jpg

樅沢岳を通過します。
IMG_8462.jpg


槍が大きく見えたり小さく見えたり
迫力があるものって
頭の中のイメージがうまく整理されないのか
ふと見るとすごく大きく見えたり
違う角を越えて見るとさっきより小さく見えたり
不思議なものです。
私だけかな。。

でも!確実に少しずつ槍に近づいて行きます。

登山道近くには花がたくさん咲き
可愛い姿で応援してくれました。

千丈沢乗越を過ぎるとそこからはキツイ登り
完全にバテテしまいました。
IMG_8519.jpg

IMG_8522.jpg


ここまで来ると槍ヶ岳の穂先が真上に見えています。
頂上にいる人たちも確認できました。

IMG_8530.jpg


IMG_8535.jpg


やったー!とやっとこさ 9:15に山荘に到着
IMG_8549.jpg

頂上はすぐ横
登っていく人たち、頂上にいる人たちが見えます。

IMG_8561.jpg


IMG_8539.jpg

山男さんは私より早く到着して
テントの受付を終わらせてくれていました。

テン場は、山荘を挟んで穂先とは反対側にあります。

テントは区画が決まっていて
受付順に振り分けられます。
私たちは2-1
良い場所でした(^o^)

この日は大学のワンダーフォーゲル部の人たちが
たくさんいて、とても元気なテン場でした。

IMG_8575.jpg

中央に写っている緑色のテントが私たちのテントです。
IMG_8576.jpg

山荘に行き、スタンプ
"キッチン槍"でアイスを買い、座らせてもらって食べる。



CCレモンとコーラを買ってテントに帰った。
いっぱい歩いた後のCCレモンのおいしさと言ったらもう最高なのです。

持ってきていたお菓子と^^



それから日に当たる暖かいテントの中で
少し眠ったらお昼ご飯(マルタイラーメン)を食べて
山荘前のベンチに移動

そこで頂上を見ながら紅茶を飲んでのんびり。
山荘前には、「テンバは満席になりました」と表示がありました。

もうリラックス状態で今日の行程は終わったような
勘違いをしてしまいそうですが
まだ肝心な穂先に登ってないのでした。

13:00に頂上に向けて出発
登る前からわかっていたのですが
少し混んでいて、危険なところもあり
ゆっくりゆっくり進みました。

IMG_8591.jpg


横に見えるのは小槍
IMG_8588.jpg

IMG_8605.jpg


最後の梯子を上ると頂上!

日本の標高ベスト5の頂上を完全制覇しました!!

槍ヶ岳【3180m】

IMG_8619.jpg


天気も良く眺望もグッドでした。
見下ろすと怖い崖。


いつも遠くの山から見ても槍だけはわかりやすく
すぐ見つけられる

いつか登るのかなって
思っていたかっこいい姿の頂上に今います!

どこかに向けて「おーい!見えますか!」と手を振りたくなる気分。

下りの梯子の前にも列ができていました。
下に見えるのが槍ヶ岳山荘です。
距離は200mほど・標高は100mほど下です。
IMG_8631.jpg

山荘まで戻ると15:00
これから夜まで暇時間

持ってきていたお菓子を食べて読書をしてのんびり


そのうちに太陽が落ちて・・
夜になって星が回り、また太陽が昇り
山に朝が来ました。

IMG_8664.jpg

IMG_8680.jpg

IMG_8690.jpg

IMG_8700.jpg


次の日は5:30下山スタート

朝ご飯をしっかり食べたのとサポートタイツを
履いて歩いたので
ぐんぐん進めました。

槍平小屋で一休み
とてもキレイで静かな小屋だった。

穂高平小屋では、かき氷を食べて一休み
ここの小屋の雰囲気は田舎の誰かのお家みたいでほんわか。






9:30に新穂高
IC近くの温泉につかり3日分の汚れを落として
帰路についたのでした。


おしまい

2013/8

スポンサーサイト

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 槍ヶ岳
  2. | comment:4
槍ヶ岳 (1) :: 2013/08/17(Sat)

暑い毎日が続くので
涼しい山へ出かけたくなります。

お盆休みを利用して槍ヶ岳へ行ってきました。


【今回のルート】
新穂高---わさび平---鏡平---双六小屋 テント泊
双六小屋---樅沢岳---槍ヶ岳山荘---槍ヶ岳 テント泊
槍ヶ岳山荘---槍平小屋---滝谷避難小屋---穂高平避難小屋---新穂高

双六までのルートは、以前に鷲羽岳・水晶岳へ
向かったときもそうでした。

覚えている場所もあり
懐かしく楽しく歩けたのでした。

今回も天然クーラーの「お助け風」に助けられました。
岩の隙間からヒンヤリした風が吹き出てきます。




わさび平






おいしそうな果物や野菜

りんご、オレンジ、きゅうり、トマトがありました。
冷たいお水に浮いてとても涼しげです。






鏡平ではかき氷
ここのは氷が柔らかくてとってもおいしいのです。
IMG_8350.jpg



IMG_8353.jpg


しばらく歩いていくと、甘い香りがしてきます。
沢山の花が咲いた弓折乗越。

美しい景色を見れました。

標高の高い場所でも強く咲いている花たちは
この先も歩いて行く力をくれます。

IMG_8389.jpg

IMG_8355.jpg


IMG_8343.jpg

IMG_8370.jpg


IMG_8376.jpg

IMG_8372.jpg

ずっと向かいに見える槍ヶ岳。
雲の間からちょうど穂先が見えました。

IMG_8383.jpg

IMG_8378.jpg






双六小屋が見え出すと
後ろに壮大な鷲羽岳も
テント場もすでに賑やかな様子

IMG_8392.jpg

IMG_8417.jpg



双六に到着し、
テントを張りました。
エスパースです。

IMG_8426.jpg


IMG_8436.jpg

夜ご飯はククレカレー

温まったご飯をスポークで寄せていたら割れてしまいました。
その割れた短いスプーンで食べました。



すっごく眠たくて7:30くらいに就寝。

0:00くらいに目が覚めてそこからは
うとうとしたり起きたり。
眠れない夢を見ただけかも。

夜は少し寒かったので寝袋を頭までかぶって寝ました。

つづく・・・

テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 槍ヶ岳
  2. | comment:0
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。