FC2ブログ

登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
尾瀬 (3)  :: 2009/09/26(Sat)

燧ケ岳に登った翌日、尾瀬沼ヒュッテのテントサイトで5:00に起床 

朝もやの尾瀬沼は霜が降りていてとてもきれい
お昼はキツネ色、朝は白色の絨毯ですね。
尾瀬は春夏がとてもきれいだと聞きますが秋に来てもすごくきれいです。
きっと冬もきれいなはず
CIMG0914_convert_20100825201703.jpg

CIMG0904_convert_20100825203737.jpg

朝の燧ケ岳です。
IMG_0342_convert_20100825202606.jpg
朝日を見るつもりで待ってたのですがいつの間にが違う方向から
太陽が昇ってしまってました。
尾瀬の朝は静かで湿原がとても広くてきれいで、どこか外国にいるみたい
最高でした。
どんどん空が青くなって今日も一日が始まります。

今日は尾瀬沼の横をグルーと回って沼尻から尾瀬ヶ原林道を通って見晴まで移動し
見晴キャンプ場でテントを立て、重い荷物を置いて
軽い体で尾瀬ヶ原周辺の散策をする予定です。
移動と尾瀬散策に丸一日取ったのでゆっくり回れます。

尾瀬の中をずーっと歩けるのでワクワク
出発!
このまっすぐな木道  たまりません(*^_^*)
IMG_0373_convert_20100825211416.jpg

しばらく行くと少し山の中へ
結構険しい岩場も登ったり下ったり。
IMG_0384_convert_20100825211950.jpg

雨が降ったら川になるような道をずっと歩く。
岩が少し濡れてて滑りやすくなってたので気をつけて歩きました。
尾瀬ヶ原林道は深い樹林の中の木道でした。
木道が一本だけのところもあり すれ違う時、横に避けないといけません。
そこで横の切り株にヒョイと移ったら滑って転んでしまいました。はずかし(^_^;)
山男さんは普通の晴れた空の少し古い木道で木の穴につまずいて派手に転んでいました。
もう少しで立ち入り禁止の湿原に入ってしまうかのような勢いのあるコケかたでした。
タイツに穴があいてしまったらしく山男さんは少しへこんでいました。

見晴の長蔵小屋に到着
IMG_0390_convert_20100825214208.jpg

たくさん歩いて暑くなったので、かき氷を山小屋で買って食べます。
日差しが暖かい中で食べるかき氷はおいしいです。もう秋ですが
CIMG0935_convert_20100825212942.jpg

見晴キャンプ場へ移動しテントをたてます。
テント泊の人多いみたいです。近くにトイレや洗面所もあって便利です。
少し休憩して尾瀬散策へでかけます。IMG_0480_convert_20100825214436.jpg

見晴をでてヨッピ吊り橋を渡り牛首まで行って折り返し、
帰りは竜宮を通って見晴まで帰ります。
尾瀬ヶ原は歩いているとちっちゃな池が何個もあり、そこに水草が浮いていて
とてもきれいでした。
CIMG0958_convert_20100825220155.jpg

9:00に出発して16:00にテント場で戻りました。
ずっと歩きっぱなしだったのでもう足がクタクタでしたが
期待以上の景色に大満足の散策でした。

夜ご飯はおなじみのマルタイラーメンとビール
IMG_0486_convert_20100825220915.jpg
夕陽を見ながら食べました。
IMG_0487_convert_20100825221208.jpg

明日はいよいよ至仏山です。
向こうの奥 中央に見える山が至仏山です。
CIMG0976_convert_20100829213606.jpg

たくさん歩いたので夜はぐっすりと眠れました。

続く・・・

ポチッとお願いします
にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
スポンサーサイト


テーマ:山登り - ジャンル:趣味・実用

  1. 燧ケ岳・至仏山(尾瀬)
  2. | comment:0
<<尾瀬 (4)  | top | 尾瀬 (2) >>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。