登山どうでしょう

めざせ百名山制覇!まだ見ぬ素晴らしい景色を求めて山に登ります。



スポンサーサイト :: --/--/--(--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


  1. スポンサー広告
屋久島:主に食べ物編! :: 2013/09/21(Sat)

屋久島で食べたおいしいご飯たちを纏めます。

山から降りてバスで向かったのは安房で
バス停を降りてすぐのところにあるこのお店
お名前は「かもがわ」でございます。

IMG_7488y.jpg

屋久島空港近くの案内所でもらったグルメ情報に載っていたお店で
気になり、立ち寄ったのですが、
久しぶりに食べたきちんとした食事、というのを抜きにしても
とてもおいしく、大当たりな選択なのでした。

食堂と隣の店舗でお弁当屋さんとしても営業されています。
今回の旅中お弁当でも、2回お世話になりました。

ここの食堂でトビウオをいただきました。
私の注文はお刺身定食、山男さんの注文はトビウオの唐揚定食です。

お刺身定食にはトビウオや、首おれサバ、とこぶし、さつま揚げなど
屋久島の名物てんこ盛りです。
トビウオは塩焼きにしてもらいました。



トビウオの唐揚定食は飛んでいるかのようなトビウオの姿。
出汁の効いたお味噌汁は本当に沁みます。ホッとします。





初めて食べるカメの手という貝
(調べたら甲殻類でエビの仲間らしいです)
見た目がカメの手に似ていて
少しグロテクスですが、貝+エビのような味で美味しいです。
食べ方はお店の方が丁寧に教えてくださいました。



後日購入したお弁当はこんな感じです。
とってもおいしかったー。





お宿の近くにあった「ヒロベーカリー」
程よくチョコレートがかかったラスクがおいしくクセになる食感でした。



「鮨居酒屋 やしま」ではタラフク飲んで食べた。
地魚のお刺身盛り合わせ
大将が首折れサバあるよと。
名物をこちらでも味わえたのでした。
食べかけの写真ですが・・
艶々のお魚たちです。



こうゆう時 隣のお客さんに話しかける山男さんはすごいなと思います。
話し出してみると面白いのに、私はそうゆうの緊張してしまって丸っきり出来ないのです。

屋久島一周のドライブ中に食べた散らし寿司
本当に活きの良い魚のお刺身
お店の名前は忘れてしまいました。



こちらはスーパーで買ったもの
このこってりな高千穂ヨーグルト大好きなので
関西でも置いて欲しいです。。
ヨーグルッペも大量買いです。

これは山を降りた日の買い物で、あっさり系・フルーツ系・流動食系を
求めていたようです。

IMG_7522y.jpg

散歩中に見つけた駄菓子屋に寄って色々と小さなお菓子も買い込みました。
山男さんの異様な程のラムネ好きにはビックリ。

キャンプの日、車でふらりと出かけて
食べた中華。ボリューム満点。お店は海のすぐ横「龍鳳」です。




「スマイリー」というカフェで食べたケーキセット
外のテーブルで頂きました。
ふわっふわのケーキは山男さん。



しっとりのチョコレートケーキは私。




ここのお店の方に、屋久島の陶芸家 菊池さんのお宅を聞き
作品を見に行ってきました。
屋久島で陶芸をしながら、自給自足の生活をされている方です。

菊池さんは初めて会う私たちを家に上げてお茶まで出してくださいました。
お茶の葉も、湯呑みも全部菊池さんの手作り。

お願いして作品をいくつか見せてもらい
気に入った中から二つを購入しました。

犬とお皿



いろんなお話を聞けて、帰るときには何だか心がずいぶん軽くなったのでした。
とても素敵な方でした。

今回3つの民宿に泊まったのですが、その内の一軒
晴耕雨読では、その日泊まった初めましての5人で鍋を作り
ビールや三岳と一緒にお腹いっぱい食べました。
話題はメンバーの一人の恋愛相談とゆうか
初デートに向けての作戦をみんなで立てるっていうのが主だったと思います。
男性も女性もそれぞれの心の内が露わになって何だか可笑しかったのでした。

最終日の夜は「潮騒」の 立派な海老フライで締めました。



以上、屋久島旅行中のおいしい食べ物編まとめでした。

コヤツとっても可愛いのです。
スポンサーサイト


テーマ:国内旅行 - ジャンル:旅行

  1. 屋久島色々(宮之浦岳・黒味岳)
  2. | comment:0
<<読書の秋に読んだ本 | top | 屋久島:栗生岳、黒味岳>>


comment

comment


管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。